【間違えやすい英語】Text と Contextの違い

今回は間違えやすい英単語として、「Text」と「Context」の違いを解説します。

Weblioによると「Text」は高校1年生、「Context」は高校3年生レベルの単語だそうです。

しっかりと意味の違いを理解して使えているか、見ていきましょう。意味の違いがわからないという方は、ぜひ覚えていってください。

意味の違い

まずは、「Text」と「Context」の意味の違いについて見ていきましょう。

「Text」は名詞と動詞があります。「Context」は名詞だけになります。

Text

名詞

・「文字」

本、新聞、Webサイトなど様々な媒体に存在する、文字を意味します。

・「テキストメッセージ」

海外ではSMS (Short Message Service) を使って、電話番号同士でメッセージを送り合う文化があります。iPhoneでいうところの「メッセージ」アプリです。このメッセージを意味します。

動詞

・「テキストメッセージを送る」

名詞の「テキストメッセージ」で触れたように、携帯電話のアプリでメッセージを送る動作を意味します。

Context

名詞

・「文脈」、「状況」、「環境」、「内容」です。

「環境」は大きな自然環境という意味ではなく、その場の限定的な環境を意味します。「内容」は物理的な中身の内容ではなく、「意味の内容」を意味します。

使い方

意味の大きな違いを説明してきました。

ここからは、それぞれの単語の実際の使い方を見ていきましょう。

Text

The thesis has 200 pages of text. 「その論文は200ページ(の文字が)ある。」

Send me a text when you get here. 「到着したらテキストメッセージを送ってね。」

Text me the address.「住所をメッセージで送ってね。」

Context

How do you use this word? Well, it depends on the context.「この英単語はどうやって使うの?」 「うーん、文脈によって変わるよ。」

How do you use the word “text”? What is the context?「「Text」っていう単語はどうやって使うの?」「文脈はどんな感じ?」

Similar problems have arisen in other contexts. 「同じような問題が他の状況でも起きている。」

These actions only have meaning within certain specific contexts. 「それらの行動はある特定の状況においてのみ意味を持つ。」

You can’t just look at it in terms of the immediate problem. You’ve got to see it in a wider context. 「短期的な問題として捉えないで、もっと広い意味でとらえる必要があるよ。」

(cited from Exford English Dictionary: https://www.oxfordlearnersdictionaries.com/definition/english/context?q=context)

まとめ

「Text」と「Context」の違いについて見てきました。最後にまとめで確認しましょう。

Text

「Text」には、名詞と動詞があります。

名詞には「文字」という意味があります。動詞には、「(テキスト)メッセージを送る」という意味があります。

動詞の「(テキスト)メッセージを送る」というのは、日常的によく使われるフレーズで、私もイギリス人の友人と日常的に使っています。

Context

「Context」には、名詞があります。

「文脈」、「状況」、「環境」、「内容」という意味を持ちます。

この中でも「文脈」や「内容」というニュアンスで使われることが多いと思います。

その他の「間違いやす英語」シリーズ

過去にいろいろな「間違いやすい英語」を紹介していますので、ぜひこちらも見てみてください。

意外と知らない違いが見つかるかもしれません。

「【間違えやすい英語】Text と Contextの違い」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 【洋楽から学ぶ英語】”Eat this!!” ~マイケル・ジャクソン Black or White~ | World and Aviation

コメントは受け付けていません。