x

英会話 英語勉強

【間違えやすい英語】「正しい」correct / precise / accurate / right / righteous / exact / proper

投稿日:

今回は間違えやすい英語として、「正しい」という意味の単語の意味やニュアンスの違いを解説します。

今回解説する単語は、“correct”、 “precise”、 “accurate”、 “right”、 “righteous”、 “exact”、 “proper” です。

全て「正しい」という単語だからどれを使っても良いということではありません。当然それぞれの意味する部分がありますので、例文を提示しながら解説していきます。

目次

意味の違い

「正しい」と一言で言っても、いろいろなニュアンスの違いがあります。

correctは事実と合っている、preciseは数などの詳細が合っている、accurateは精度が高い、rightは道徳的に正しい・合っている、righteousは道徳的に正しく正当化できる、exactは詳細まで合っている、properは本物の、まとんもなという意味で、いろいろな「正しい」というニュアンスがあります。

それぞれの意味と例文

correct

・形容詞:事実と合っている。

 例:Your answer is correct.「あなたの解答は正しい。」

・動詞:間違っていること正す。

 例:Correct me if I am wrong.「もし私が間違っていたら正してほしい。」

precise

・形容詞:(細かいところまで)正確である

 例:The precise location.「正確な場所。」

・文法的:特定の何かを強調するときに使われる

 例:at that precise moment the car stopped.「まさにその時に車が止まった。」

accurate

形容詞:(情報、測定、予測が)詳細まであっている。

 例:”accurate information about the illness is essential”「その病気の正確な情報は不可欠である。」

 例:”an accurate thermometer”「正確な温度計。」

right

・形容詞:

①道徳的に良い、正当化できる、もしくは受け入れられる

 例:hope we are doing the right thing.「私たちが(道徳的に)正しいことをしていると信じたい。」

②事実として正しい

 例:I am not sure if I know the right answer. 「私は正しい答えを知らない。」

③右の

 例:my right elbow「右肘」

・予測的:満足できる、妥当な、もしくは普通の状態

 例:That sausage doesn’t smell right.「あのソーセージは腐っているかもしれない(匂いが普通じゃない)」

イギリス英語:完全な

 例:I felt a right idiot.「私はおろかものだと感じた。」

政治的な観点:右的な

righteous

・形容詞:道徳的に正しい、正当化できる。

 例:He stood up for what he knew was right and died a righteous person「彼は彼が道徳的に正しいと思うことに立ち向かい、正しい人間として死んだ。」

 例:When the system fails righteous men will rise up.「社会制度が腐敗したときには、道徳的な人が立ち上がるだろう。」(Hieronymus/ヒエロニムス)

・アメリカ英語:とてもよい。

 例:righteous products.「とても良い製品。」

exact

・形容詞:詳細まで正確で正しい。

 例:”the exact details are being worked out”「」

・動詞:(何かを)人に要求して得る。

 例:he exacted promises that another Watergate would never be allowed to happen.

proper

・形容詞:真に言われていることや、考えられていることを示す。本物の、まともな。

 例:she has never had a proper job.「彼女はまともな仕事に就いたことが無い。」

まとめ

これができれば自然と今回の記事で紹介した単語を間違えることなく、使えるようになります。

-英会話, 英語勉強
-

執筆者:

関連記事

英語の履歴書の書き方 【転職が成功した実例で紹介】

今回は、英語の履歴書の書き方を紹介します。 筆者が実際に外資系への転職した際に作った履歴書を実例として解説します。 外資系への就職や転職、海外で職探しされている方は参考にどうぞ。 ページの最後には併せ …

【日本人の変な英語】ベランダとバルコニー

日本のマンションなどの共同住宅などにおけるベランダ(veranda)とバルコニー(balcony)の定義と、海外諸国における定義が異なりますので、それぞれの意味を解説します。 意味の違い 英語のベラン …

世界に遅れる日本の英語事情【外国人への配慮を】

ラグビーワールドカップが終わり、オリンピック開幕が近づく中、訪日外国人数はどんどん増えています。外国人労働者に対する規制緩和等、グローバル化も進む現在の日本です。 東京や大阪などの大都市では英語表記の …

【日本人の変な英語】人身事故

外国人への親切心だと思いますが、近年日本では英語を併記する表記が増えてきました。 オリンピックに向けて、英語の表示はどんどん増えていくでしょう。 しかしその中には英語を直訳してしまったり、英訳の精度が …

【間違えやすい英語】Do you have the time?

留学したり外国人と会話ができるようになってくると、いろいろな表現に出くわすようになります。 “Do you have the time?” もそのうちの一つではないでしょうか。 この表現をしらない方へ …