x

英会話 英語勉強

【間違えやすい英語】「正しい」correct / precise / accurate / right / righteous / exact / proper

投稿日:

今回は間違えやすい英語として、「正しい」という意味の単語の意味やニュアンスの違いを解説します。

今回解説する単語は、“correct”、 “precise”、 “accurate”、 “right”、 “righteous”、 “exact”、 “proper” です。

全て「正しい」という単語だからどれを使っても良いということではありません。当然それぞれの意味する部分がありますので、例文を提示しながら解説していきます。

目次

意味の違い

「正しい」と一言で言っても、いろいろなニュアンスの違いがあります。

correctは事実と合っている、preciseは数などの詳細が合っている、accurateは精度が高い、rightは道徳的に正しい・合っている、righteousは道徳的に正しく正当化できる、exactは詳細まで合っている、properは本物の、まとんもなという意味で、いろいろな「正しい」というニュアンスがあります。

それぞれの意味と例文

correct

・形容詞:事実と合っている。

 例:Your answer is correct.「あなたの解答は正しい。」

・動詞:間違っていること正す。

 例:Correct me if I am wrong.「もし私が間違っていたら正してほしい。」

precise

・形容詞:(細かいところまで)正確である

 例:The precise location.「正確な場所。」

・文法的:特定の何かを強調するときに使われる

 例:at that precise moment the car stopped.「まさにその時に車が止まった。」

accurate

形容詞:(情報、測定、予測が)詳細まであっている。

 例:”accurate information about the illness is essential”「その病気の正確な情報は不可欠である。」

 例:”an accurate thermometer”「正確な温度計。」

right

・形容詞:

①道徳的に良い、正当化できる、もしくは受け入れられる

 例:hope we are doing the right thing.「私たちが(道徳的に)正しいことをしていると信じたい。」

②事実として正しい

 例:I am not sure if I know the right answer. 「私は正しい答えを知らない。」

③右の

 例:my right elbow「右肘」

・予測的:満足できる、妥当な、もしくは普通の状態

 例:That sausage doesn’t smell right.「あのソーセージは腐っているかもしれない(匂いが普通じゃない)」

イギリス英語:完全な

 例:I felt a right idiot.「私はおろかものだと感じた。」

政治的な観点:右的な

righteous

・形容詞:道徳的に正しい、正当化できる。

 例:He stood up for what he knew was right and died a righteous person「彼は彼が道徳的に正しいと思うことに立ち向かい、正しい人間として死んだ。」

 例:When the system fails righteous men will rise up.「社会制度が腐敗したときには、道徳的な人が立ち上がるだろう。」(Hieronymus/ヒエロニムス)

・アメリカ英語:とてもよい。

 例:righteous products.「とても良い製品。」

exact

・形容詞:詳細まで正確で正しい。

 例:”the exact details are being worked out”「」

・動詞:(何かを)人に要求して得る。

 例:he exacted promises that another Watergate would never be allowed to happen.

proper

・形容詞:真に言われていることや、考えられていることを示す。本物の、まともな。

 例:she has never had a proper job.「彼女はまともな仕事に就いたことが無い。」

まとめ

これができれば自然と今回の記事で紹介した単語を間違えることなく、使えるようになります。

-英会話, 英語勉強
-

執筆者:

関連記事

英単語の覚え方【帰国子女が実践した方法】

単語を覚えるというのは、その言語を習得するうえで基盤となる部分です。 今回は、帰国子女である私が実践した方法を紹介します。 自分にあったやり方を探して実践するのが近道ですので、ぜひいろいろなやり方を試 …

帰国子女の勉強法【TOEIC960点】

今回は、帰国子女の私が行った勉強法でTOEIC960点を取りましたので、その内容を紹介します。また、試験当日に取った受験の「作戦」についても紹介します。 帰国子女でこれからTOEICを受ける人や、帰国 …

【鈍感力】帰国子女が持っている英語力の向上に必須の力

英語を話せるようになりたい!でもなかなか上達しない。 なぜなら・・・ ■英語が話せないことが恥ずかしく、なかなか話したりするのが難しい。 ■自分の英語が間違っていないか自信がなくてなかなか話せない。 …

【間違えやすい英語】ストーブ

今回は、間違えやすい英語として「ストーブ」を紹介します。 みなさん「ストーブ」と聞いて何を想像しますか?実は2つの意味がありますので、紹介したいと思います。 また、そのほかのキッチンに関する英単語も紹 …

【日本人の変な英語】Instagramで取り上げられた実例で解説

今回は、日本にある変な英訳を紹介している「Ministry of Japanese English」で取り上げられた実例を紹介します。 NHKのくらし解説の「ちょっと変だぞ その英語」でも紹介されてい …