x

航空

「Remove before flight」とはどういう意味?

投稿日:2020年03月28日 更新日:

フライトタグのキーホルダーなどのエアラインが出しているグッズで「Remove before flight」と書かれているものがありますが、どういう意味でしょうか?解説します。

「Remove before flight」意味はそのままで、「飛行前に取り外す」という意味です。

そもそもなんのためにあるでしょうか?

飛行機には、保護や機能を遮断する目的で一時的に取り付けておくカバーや安全ピンなどがあります。これらを飛行前に取り忘れないように注意喚起をする目的で、カバーや安全ピンに赤色のタグが取りつけてあります。これが「Remove Before Flightタグ」です。

例えば、ピトー管というものが飛行機の外側に取り付けられています。ピトー管は、飛行中に管に入り込む空気から速度を計算するためのもので、非常に繊細な機器です。そのため、飛行機が長い間飛ばないような場合に虫が入り込んで巣を作ったりしないようカバーをしたり、飛行機の重整備中などに異物による損傷が無いようにカバーをしておきます。

 ピトー管の説明(Alpha Aviation)

いざ飛行する時にこのカバーが付いたままでは速度がわかりませんので、非常に危険な状態になります。そのため、地上では取付けが必要でも飛行する際には絶対に取り外す必要があるため、カバーに大きな赤いタグをつけて「飛行前に取り外すこと」注意を呼びかけているということです。

そのほかにも、飛行機をプッシュバックする際に前輪に力が入らないようにする安全ピン(バイパスピン)など、さまざまなものがあります。

そのため、通常皆さんが利用する運航中の飛行機のピトー管にカバーやタグがついていることはありませんが(ついていると大変なことになりますので)、プッシュバックの際には安全ピンを使用しますので、ピンについたタグを目にすることもできます。

実は、カバーやピンの取り外し忘れや、取付忘れによって虫が巣を作ってしまい結果事故に至ったケースというのは過去に世界中で発生しています。

-航空
-

執筆者:

関連記事

飛行機のドアは誰が開け閉めするのか?

今回はタイトルの通り、飛行機のドアの開閉の疑問について、解説したいと思います。 飛行機は、乗っている人がドアを開け閉めしなくてもいい、数少ない乗り物ではないでしょうか。 その理由をみていきましょう。 …

飛行機は故障して飛んでいることがある?

タイトル通りですが、飛行機は「故障」しながら飛んでいることがあります。 そんな航空業界の裏側を紹介します。興味のある方はどうぞ。 飛行機は何万という部品から構成されています。その全てが全く故障なく機能 …

LCCの活用法

このページでは、LCCの活用法について紹介したいと思います。 まだまだ日本においては発展途上にあるLCCです。 いろいろな使い方がありますので、参考にしてぜひ、LCCを使ってみてはいかがでしょうか。各 …

原因と要因の違い、対策の立て方【航空安全管理の視点から解説】

事象の発生には必ず原因と要因があります。 労働災害、作業品質不具合、安全管理などで、原因と要因が混同して使われていることを目にします。再発防止の観点からは、これらは明確に切り離して認識し、対策を立案す …

航空事故 / 重大インシデントとは?

ニュースなどで、航空事故や重大インシデントに認定されたという報道がありますが、そもそも航空事故や重大インシデントの定義とは何かという疑問を解決します。 航空は原則として航空法に従い業務を行うため、航空 …