x

航空 航空会社

飛行機のドアは誰が開け閉めするのか?

投稿日:

今回はタイトルの通り、飛行機のドアの開閉の疑問について、解説したいと思います。

飛行機は、乗っている人がドアを開け閉めしなくてもいい、数少ない乗り物ではないでしょうか。

その理由をみていきましょう。

ドアの機能

飛行機のドアには、人が出入りするためのドアそのものの機能と、実はもう一つの機能があります。

それは、緊急脱出が必要な時に脱出用スライドを展開するという機能です。

飛行機に乗るとわかりますが、出発前に、客室乗務員はドアモードを変更してくださいといった放送が流れます。

ANAでは、「キャビンアテンダント、セット スライドバー」と英語で連絡しているのがわかります。

カンタス航空は少し昔の記憶ですが、「Cabin attendant, arm all doors」と機長が言っていた記憶があります。

何をしているかというと、ドアモードの変更をしています。

飛行機の機種によって詳細は異なりますが、基本的に大きく分けてドアには「ディスアームド(disarmed)」と「アームド(armed)」の2モードがあります。

内側からドアを開ける場合

ディスアームドのモードでは、ドアはドアの機能しかなく、ドアを内側から開けても何も起きません。

アームドのモードでは、ドアを内側から開けると、同時に緊急脱出用スライドが展開します。

有事の際に備えてすぐに脱出できるよう、通常の運航では、出発前にドアをアームドにします。

逆に地上にいるときは通常では、ディスアームドにします。

こちらのマイナビニュースの記事に、とてもよくまとめられています。

飛行機は型式証明というのを取得して、飛行機として飛んでいいですよと規制当局から許可を受ける必要があります。

この時の一つの要件として、満席時に乗客乗員全員が使用可能な非常口の半分を使用して、決められた秒数以内(例えば90秒以内)に緊急脱出できる設計でなければならないという項目があり、このようにドアにスライドを展開させる機能を持たせて、すぐに脱出できるようにしているわけです。

ちなみに世界最大の航空機エアバスA380のテストの様子はこのビデオで見られます。

満席の状態で暗闇の中、全員が脱出します。

外側からドアを開ける場合

では、外側から開けるとどうなるでしょうか?

外側に人がいるわけですから、スライドが展開したら命にかかわることになってしまいます。

そのため、ドアモードにかかわらずスライドは展開しません。

このことから、外側から開ける利点としては誤ってスライドを展開する間違えを避けられる点がありますね。

外から開ける場合は、地上の業務を行う係員がドア開け閉めしていますね。

客室乗務員が開け閉めする会社もありますし、この地上係員が開け閉めする会社もあります。

このビデオをみるとよくわかります。

ライアン航空はユニークで、客室乗務員が階段も、しまいます!ビデオの最初に出てくるやつです。

次に飛行機に乗るときに、ドアの開け閉めの様子と出発前の放送を聞いみてください。

また異なった視点から空の旅を楽しめますね!

-航空, 航空会社
-,

執筆者:

関連記事

航空会社ランキング2019 全100位

今回は2019年のSKYTRAXの世界の航空会社ランキングを紹介します。 次の旅の航空会社選びに悩まれてる方の参考になれば幸いです。 ちなみに昨年2018年のランキングはこちらで紹介していますので、併 …

空の旅 冬に気を付けたいこと

10月に入り、ようやく秋の気配がしてきました。もう少しすると北日本では本格的な雪の季節になります。 冬季は雪による運航便の欠航や遅延が発生しますが、そもそもなぜ欠航や遅延になるのか、また、飛行機での冬 …

航空会社 安全ランキング 2019 トップ20

航空会社にとって安全は何よりも大切なものであることは言うまでもありません。 今回は、AirlineRatings.com が発表した、世界の安全な航空会社ランキングを紹介します。どのエアラインがいいか …

LCCの活用法

このページでは、LCCの活用法について紹介したいと思います。 まだまだ日本においては発展途上にあるLCCです。 いろいろな使い方がありますので、参考にしてぜひ、LCCを使ってみてはいかがでしょうか。各 …

客室乗務員の負傷がなぜ航空事故として認定されるのか?

報道で「機体が急な揺れに遭遇し客室乗務員が負傷 航空局が事故認定」というような記事を最近みかけることが多くなりました。 先日はANAが事故を起こしました。 ANA機、急な揺れで客室乗務員が負傷 航空事 …