x

英会話 英語勉強

【間違えやすい英語】Do you have the time?

投稿日:2019年08月23日 更新日:

留学したり外国人と会話ができるようになってくると、いろいろな表現に出くわすようになります。

“Do you have the time?” もそのうちの一つではないでしょうか。

この表現をしらない方への紹介です。



知らないと恥ずかしいことに?

英語の勘違いの冗談で、留学生の女子大生がバスで地元の男性に “Hi, um do you have the time?” と聞かれて、 “Sorry, I have a boy friend.”と返したというのがあります。

この女性は “Do you have the time?” と聞かれたにもかかわらず、“Do you have time?”と聞かれたと勘違いしたのです。

「あの、今何時ですか?」

「ごめんなさい、私彼氏いるので。」

「え?」

という感じですね。

時間を聞かれたのに、ナンパされたと勘違いしたという冗談です。

“Do you have the time?” は「今何時ですか?」という質問です。

時間持っていますか?︎時計持っていますか?︎時間わかりますか?︎今何時ですか? という派生なのではと推測します。

間違えないように気をつけましょう。

英会話では、時間に関する表現はおさえておきたいものです。初歩的ですが、意外と後回しにされているかもしれません。

今何時ですか?は英語で?

もう一つ気をつける点として、時間の聞き方があります。

「今何時ですか?」です。

まさか、そんなの簡単でしょ。

世代の人は、「掘った芋いじんな?」ですね。

“What time is it now?” でしょ!

と思われた方、今日から直しましょう。

これは、間違いとは言えませんが実は変です!

どこが変かというと “now” が変です。

日本では、「今」を入れますが、英語では入れません。

なぜかというと、“What time is it now?”は、「今まさにこの瞬間は何時なんだ?」とか「一体全体今は何時なんだ?」というふうに聞こえます。

なので、時間を聞くときは、“What time is it?” と聞きます。

先に説明した “Do you have the time?” でもいいです。

時間を聞いたのに、答えの意味がわからない!

今度は返答です。

ネイティブはたまに、 “quarter to” とだけ返してくる場合があります。

私も留学して最初にこれに出くわした時は一瞬「は?」でした。

これは “It is quarter to ◯◯ o’clock.” の略です。「◯◯時ちょうどまで15分」という意味です。

It is が省略されているのは簡単にわかります。

ではなぜ後ろの “◯◯ o’clock” の部分が省略されるのでしょうか?

これは、今が何時台か明白で言わなくてもわかる場合に省略されます。

例えば、会社の同僚とお昼を食べに行くとします。

お昼休憩は12時からです。

ご飯を食べ終わり、雑談して、そろそろ戻った方がいいかなと、「今何時?」と聞いたとします。

13時には戻らないといけないのはわかっていて、つまり今は12時台であることは明白です。

この時12時45分だと “quarter to” と返されることがあります。

日本語に置き換えると、「今何時?」「あと15分だね。」という感じです。

そもそもこの表現始めてという方、 “quarter” は4分の1なので、60分の4分の1で、15分という意味です。

なので30分の “half” にもなりますし、具体的な数値にも置きかわります。例えば “20 to” などです。

それから “to” 「あと」 は “past” 「すぎ」 にも置きかわります。

ただ、halfの場合、 “half to” とは言わず、 “half past” と言います。どちらにしろ30分でちょうど半分ですが。

その他の時間に関する英会話の表現

他にいろいろな表現がありますね。少し紹介します。

“Give me a sec (minute).”

これは文字通り、1秒くださいとか1分くださいで、「少し待って」という意味です。

It is about time.

「時間について」ではなくて、「そろそろ時間だ」という意味です。

友達が遅れてきた時などに、冗談で “It’s about time, mate.”と言ったりします。

Beer o’clock.

これは直訳でオッケーです。「ビールの時間」です。ビールを飲むのにいい時間ですので、金曜日18時くらいですかね、 “Oh, it’s beer o’ckock.”と使ったりします。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

Do you have the time? 何時ですか?

Do you have time? 時間ありますか?

What time is it now? 今、何時ですか?

Quarter to. 15分でちょうど。

Half past. 30分すぎ。

などを紹介しました。

間違えないようにしましょう!

-英会話, 英語勉強
-

執筆者:

関連記事

【間違えやすい英語】Complicated / Complex / Sophisticated / Intricate 違い

今回は形容詞の「複雑な」の英単語を紹介します。正しく使えているでしょうか? 英語勉強中の方は必見です。 「複雑な」を意味する英単語 単純に和英辞典をひくと、下記のような単語が見つかると思います。 Co …

【間違えやすい英語】finally / lastly / eventually / in the end / at last (at long last) の違い

今回は “finally”、”lastly”、”eventually”、”in the end”、&#8 …

【鈍感力】帰国子女が持っている英語力の向上に必須の力

英語を話せるようになりたい!でもなかなか上達しない。 なぜなら・・・ ■英語が話せないことが恥ずかしく、なかなか話したりするのが難しい。 ■自分の英語が間違っていないか自信がなくてなかなか話せない。 …

【日本人の変な英語】人身事故

外国人への親切心だと思いますが、近年日本では英語を併記する表記が増えてきました。 オリンピックに向けて、英語の表示はどんどん増えていくでしょう。 しかしその中には英語を直訳してしまったり、英訳の精度が …

英単語の覚え方【帰国子女が実践した方法】

単語を覚えるというのは、その言語を習得するうえで基盤となる部分です。 今回は、帰国子女である私が実践した方法を紹介します。 自分にあったやり方を探して実践するのが近道ですので、ぜひいろいろなやり方を試 …