x

旅行

シンガポール 【トランジットオススメの過ごし方】

投稿日:2019年12月08日 更新日:

シンガポールはアジアのハブとして、人やモノの流通の中心になっています。

今回は、そんなシンガポールでのトランジットの過ごし方を紹介します。

シンガポールでトランジットがあるけど、時間がありどうすればいいかわからないという方にオススメの内容です。

目次

  1. ターミナルで過ごす
  2. 無料ツアーに参加する
    1. 市内ツアー(Heritage Tour)
    2. 市内ツアー(City Sights Tour)
    3. 空港内ツアー(Jewel Tour)
  3. 街に出る
  4. まとめ

ターミナルで過ごす

シンガポール空港のターミナルは4つあり、最大の特徴はその大きさと施設などが充実している点です。

数時間の滞在であればターミナルでご飯を食べたりショッピングしたり、場合によっては映画を観たりして過ごせます。

空港内には蝶々が飛んでいるバタフライガーデンなど、たくさんのガーデンもあります。最近は「Jewel」と呼ばれる滝のある植物園がオープンしました。

各ターミナルの随所に休憩スペースがあります。仮眠ができるようなタイプのものと、ラウンジのような家具の配置位置になっているものもあります。コンセントもあるので充電もできます。

ターミナル間は無料シャトルで簡単に移動できます。

ターミナルには、トランジット旅客用のスペースと公共向けのスペースがありますので、外に出る際は注意が必要です。出国と入国する必要がある場所もあります。

各ターミナルで、荷物を預かってくれる有料サービスがありますので、荷物を持ち歩くのが面倒くさい場合は利用しましょう。

無料ツアーに参加する

シンガポールチャンギ空港では、トランジット旅客を対象に複数の無料ツアーを企画しています。

空港から出るツアーと、空港から出ないツアーがあります。特に空港から出るツアーは、入国審査や出国審査があるため、時間に注意しましょう。

ツアーに参加できる資格や注意事項としては下記がありますので、事前に確認してください。

  • チャンギ空港のトランジット旅客であること。
  • フライトまで5.5時間あり、かつ、24時間以内であること。
  • 参加に際しては、パスポート、搭乗券、ビザ(必要な場合)が必要になります。また、大きな荷物は持っていくことができませんので、空港の有料の荷物預かりサービスを利用してください。
  • 予約は先着順です。

市内ツアー(Heritage Tour)

その中の1つが、無料の市内ツアーです。私は実際にこれに参加しました。

市内の王道観光名所をバスで周ってくれます。

コースは、コロニアル地区⇒市内中央⇒マーライオン公園(停車:20分の自由行動あり)⇒チャイナタウン⇒リトルインディア⇒カンポン・グラムとマレーヘリテージセンター(停車:20分の自由行動あり)となっています。

自由行動の前にはバス戻る時間を指定されますので、必ず時間までに戻るようにしましょう。

停車して自由散策できる箇所が2か所ありますが、それ以外は基本的にバスに乗りながら車窓から見える観光地を説明するというスタイルです。

言語は英語ですので、全く英語ができないという方は注意事項等を理解できないということを考えると参加は難しいかもしれません。詳しい説明がわからなくても街並みを見ることはできますので、少し英語ができる方であれば、参加できると思います。

ツアーの時間は2.5時間となっています。フライトの出発時間に気を付けましょう。

受付は、第2ターミナルは、2階の入国審査場につながるエスカレーターの近くで、第3ターミナルは、2階のラウンジAとゲートA1-A8近くです。

時間は、下記表の通りです。(シンガポール空港のサイトから引用)

受付締め切り ツアー時間 フライト出発時間
8:00 AM9:00 AM–11:30 AM1:30 PM 以降
9:00 AM10:00 AM–12:30 PM2:30 PM 以降
11:30 AM12:30 PM–3:00 PM5:00 PM 以降
1:30 PM2:30 PM–5:00 PM7:00 PM 以降
3:00 PM4:00 PM–6:30 PM8:30 PM 以降

市内ツアー(City Sights Tour)

もう一つの市内ツアーです。City Sights Tourとして知られています。

こちらもHeritage Tourと同じで2.5時間のツアーですが、時間帯が夜であるのと、夜景がきれいな名所を周るというのが大きな違いです。

コースは、シンガポールフライヤー⇒エスプラネードシアター・オン・ザ・ベイ⇒マリーナベイ金融センター⇒マーライオン公園(停車:20分の自由行動あり)⇒マリーナベイサンズ⇒ガーデンズ・バイザ・ベイ(停車:30分の自由行動あり)

受付は、Heritage Tourと同じです。第2ターミナルは、2階の入国審査場につながるエスカレーターの近くで、第3ターミナルは、2階のラウンジAとゲートA1-A8近くです。

時間は、下記表の通りです。(シンガポール空港のサイトから引用)

受付締め切り ツアー時間 フライト出発時間
5:00 PM6:00 PM–8:30 PM10:30 PM 以降
6:30 PM7:30 PM–10:00 PM12:00 AM 以降

空港内ツアー(Jewel Tour)

市内ツアー以外には、空港内を観光するJewel Tourがあります。

このツアーは徒歩のツアーになります。時間は同じく2.5時間です。

コースは、フォレストバレー⇒レインボーテックス⇒シンガポールコーヒー博物館⇒ファイブスパイス(フードホール)⇒キャノピー公園⇒GIFT(土産屋)

受付も、その他のツアーと同じです。 第2ターミナルは、2階の入国審査場につながるエスカレーターの近くで、第3ターミナルは、2階のラウンジAとゲートA1-A8近くです。

時間は、下記表の通りです。(シンガポール空港のサイトから引用)

受付締め切り ツアー時間 フライト出発時間
9:30 AM 10:30 AM–1:00 PM3:00 PM 以降
5:00 PM6:00 PM–8:30 PM10:30 PM 以降

街に出る

無料ツアーに参加せず、入国して市内観光をするのもいいでしょう。

すでに説明の通り、空港で荷物を預けることができますので必要なものだけを持って街にでることができます。

空港が運営しているツアーでさえ、フライトまで5.5時間以上余裕を持っていますので、飛行機の時間には注意が必要です。

市内へのアクセスについて簡単にまとめます。詳細はチャンギ空港のサイトにアクセスしてください。

バス:バス停は第1、2、3ターミナルの地下にあります。市内に向かうバスの番号は24、27、34、36、53、110、858のどれかです。第4ターミナルは、4B駐車場の横にバス停があり、バスの番号は24、34、36、110です。おつりが出ないので、ちょうどの料金を用意しておきましょう。

電車:市内に行くには、MRTのチャンギ空港駅(CG2)からTanah Merah駅(EW4)まで行き、East West Line線に乗り換えてTuas Link駅(EW33)まで行きます。もしくは、チャンギ空港駅からExpo駅(CG1/DT35)まで行き、Downtown線に乗り換えてBukit Panjang駅(BP6/DT1)まで行きます。

タクシー:各ターミナルのタクシー乗り場から乗れます。時間は30分で料金はS$20~40です。その他空港使用料などの料金が追加されます。また、料金は深夜(12:00–6:00)は50%割り増しに、ピーク時(6:00 AM–9:30 AM(月~金)、6:00 PM–12:00 AM(月~日))は25%割増しになります。

レンタカー:各ターミナルの到着ロビーにカウンターがあります。

空港送迎サービス:チャンギ空港(Ground Transport Concierges (GTC))によるサービスです。任意の場所まで車で送迎してもらえます。4人乗りの車両でS$55、7人乗りの車両でS$60です。City Shuttleサービスでは、大人一人S$9、子供(12歳以下)一人S$6.00で市内のホテルまで行くことができます。こちらは15分おきに出発しています。各ターミナルの到着ロビーにカウンターがあります。

まとめ

シンガポールのチャンギ空港でのトランジットでは下記の過ごし方ができます。ご自身にあった過ごし方を見つけてみてください。

・ターミナルで過ごす。

・無料ツアーに参加する。

・市内にでる。

くれぐれも、フライトに乗り遅れないよう注意しましょう。

-旅行
-, ,

執筆者:

関連記事

オーストラリア パース旅行情報サイト【まとめ】

当サイトでもオーストラリアのパースの魅力については紹介していますが、旅の計画の際に実際に使った情報サイトやインスタグラムのアカウントのまとめを紹介します。 次の旅行どこに行こうか迷っている方、パースに …

パース オススメのワイン 迷ったらこれ

今回は私がオーストラリアのパースで購入したワインの紹介です。 とても美味しかったので、何がいいか迷っている方、オススメです。お土産にも最適です。 購入したのは、Pinelli Estateというワイナ …

新型コロナウイルスでマスクをしないと搭乗拒否される理由とは?

コロナ禍において、ピーチアビエーションや北海道エアシステムで、マスクを着用していない乗客が臨時着陸で飛行機から降ろされたり出発前に搭乗拒否されたりする事象がありました。 ・「マスク拒否」で相次ぐ旅客機 …

ことりっぷ 30代以上に最適な旅行ガイドブック

今回は、ことりっぷが発行している旅行ガイドブックの紹介です。 数多くの旅行ガイドブックがありますが、このガイドブックが30代以上の「大人」に最適なガイドブックであると体感し、紹介したいと思います。 ガ …

空の旅 冬に気を付けたいこと

10月に入り、ようやく秋の気配がしてきました。もう少しすると北日本では本格的な雪の季節になります。 冬季は雪による運航便の欠航や遅延が発生しますが、そもそもなぜ欠航や遅延になるのか、また、飛行機での冬 …