x

英会話 英語勉強

【日本人の変な英語】撮影はご遠慮ください

投稿日:2019年08月13日 更新日:

今回は「撮影はご遠慮ください」という英語を間違えてしまった事例の紹介です。

間違え方が、かなりまずいですので、紹介します。



「撮影禁止」のはずか、「発砲禁止」に!

ツイッターにあがっていました、シードンさんの投稿です。

オーストラリア人が固まるのも無理ありません。

このご時世です、「発砲」なんていう言葉を見たらびっくりしますね。

例えばハワイに海外旅行に行ってるとして、入ろうとしたお店に日本語で丁寧に「当店での発砲はご遠慮いただいております」なんていう日本語のサインがあったらどうしますか?

私は静かにその場を去ります。

シードンさんの投稿では、英語が “Please refrain from shooting in the shop” となっており、「当店での発砲はご遠慮いただいております」となります。

ネットの翻訳でもこの間違いはなかなか起きそうにありません。

英語が得意でない人が、 “photo shoot” の “shoot” を撮影と勘違いしたと考えられます。

と思っていたのですが、Google翻訳で英訳すると全く同じ文が出てきました。

文法的に「撮影」という意味の “shoot” には目的語が必要です。例えば、 “shoot a video” という感じです。

英英辞典で “shoot” の意味を調べると、一番上に来るのは、「銃弾や矢で人や動物を殺すもしくは傷つけること」(Oxford English Dictionaryによる)です。

「撮影禁止」と伝えるはずが「発砲禁止」となってしまっていて、言ってしまえばとんでもない大間違いです。

では撮影禁止は英語で?

英語というのは言語ですが、このように短い文章で伝えること自体はノンバーバルコミュニケーションです。

一番簡単な伝え方は、撮影禁止のマークを立てておく。これで十分です。

No pictures!

こういったマークは世界共通ですので、英語圏以外の日本人を含む他言語の人にも伝わります。

それでも「撮影禁止です」と書きたい!という場合は、撮影禁止マークと一緒に “No pictures” とでも書いておけば伝わります。

難しい “refrain from” なんて、使わなくていいんです!

では、写真撮影禁止のところで写真パシパシ取ってしまっている外国人にはなんて言えばいいでしょうか?

難しく考えすぎている人は難しい言葉を使おうとする傾向があります。

ここは簡単に、 “You can’t take pictures here”で伝わります。

ただ、 “can’t ” はできないということを伝えているだけのニュアンスですので、ルールでしてはいけないことになっているという意味を含ませたい場合、私であれば、 “you are not allowed to take pictures here” と言うと思います。

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか。

“Shooting” は発砲事件になってしまうので、写真撮影という意味では使いません。

札を立てて注意喚起したい場合は、ノンバーバルコミュニケーションということを意識して、マークと “No pictures” など簡潔に伝えるようにしましょう。

言葉で注意する場合、 “you are not allowed to take pictures here” で大概のケースはカバーできると思います。

難しく考えるとドツボにはまります。

どうしたら伝わり易いかを考えると、自然と答えは洗練されていきます。

-英会話, 英語勉強
-

執筆者:


  1. […] 【日本人の変な英語】撮影はご遠慮ください […]

  2. […] ・【日本人の変な英語】撮影はご遠慮ください […]

関連記事

英語が話せない人の特徴 ~話せるように意識すべきこと~

英語をうまく話せるようになりたいという人は多いと思いますが、そう簡単に実現できるものではないですよね。 最近、東洋経済オンラインで目にした記事「英語が話せない人がわかってない基本中の基本 ネイティブと …

【間違えやすい英語】finally / lastly / eventually / in the end / at last (at long last) の違い

今回は “finally”、”lastly”、”eventually”、”in the end”、&#8 …

国連英検テキスト 改訂点のまとめ

今回は国連英検のテキストに指定されている、「新わかりやすい国連の活動と世界」(著: 公益財団法人日本国際連合協会)の改定内容を説明します。 国連英検を受けられる方は必読の本です。 目次 概要 改訂点 …

世界に遅れる日本の英語事情【外国人への配慮を】

ラグビーワールドカップが終わり、オリンピック開幕が近づく中、訪日外国人数はどんどん増えています。外国人労働者に対する規制緩和等、グローバル化も進む現在の日本です。 東京や大阪などの大都市では英語表記の …

帰国子女の私が使っている タダで常に最新の英語教材

「英語 勉強 教材」などとGoogleで検索すると、無数の教材が出てきます。 どの教材がいいのか悩むと思います。 本を読むか、単語をやるか、リスニングするかなどなど、選択肢が多く迷いますね。 どれか自 …