x

英会話

【日本人の変な英語】人身事故

投稿日:2019年06月14日 更新日:

外国人への親切心だと思いますが、近年日本では英語を併記する表記が増えてきました。

オリンピックに向けて、英語の表示はどんどん増えていくでしょう。

しかしその中には英語を直訳してしまったり、英訳の精度が低く、伝わらないものも多いです。

伝わらないだけならいいのですが、混乱を生んでしまう場合もあります。

そんな誤った英語表記から、正しくはどのように記載すればいいのか、具体的な言葉で紹介していきます。

正しく英訳できるよう参考になれば幸いです。

人身事故は英語で何と言う?

最初は鉄道の「人身事故」です。

この内容は、先日朝のテレビ番組スッキリでモーリー ロバートソン氏が紹介していました。

“Human Damage Accident”

これはJR西日本が採用している表現だそうです。

留学経験がある人が見ればすぐに誤った英訳だとわかります。

直訳しているパターンの英訳です。

ネイティブからするとhuman damageというのが、「人が怪我をした」というところに言葉として紐付きません。

人身事故という言葉には、日本の文化的な背景があります。

人口が多いことによるホーム混雑で電車と接触したり、自らの命を絶つ方法として事故になることが多い日本では、これらを婉曲的に人身事故として表現しています。

航空の世界などでは、死亡事故は “accident with fatality” や “fatal accident ” などと訳されます。

怪我を伴う事故は “accident with injury” となります。

人身事故という表現では、人が関係しているということしかわかりません。死亡したのか、怪我があったのかはわかりません。

英語では、死亡を “fatal injury” とも言います。死亡するほどの怪我という意味です。

この視点からいけば、英語はinjuryを使えば表現できそうです。

人身事故は、

“accident with injury”

が正解だと思います。モーリー氏と同じ意見です。

英語はシンプルに伝わるように訳すのが鉄則です。

Humanを使う例

では、発展的に “human” が使われる日本語を考えてみましょう。

人身売買 “human trafficking”

人間検疫 “human quarantine”

人権 “human rights”

これらは、人間そのものが意味の対象になっているので、humanという単語を使います。

英語には、人身事故という日本独特の表現はしません。

まとめ

人身事故は “accident with injury” で良いですね。

せっかく訳すのであれば正確にしたいものです。

-英会話
-

執筆者:


関連記事

【間違えやすい英語】Do you have the time?

留学したり外国人と会話ができるようになってくると、いろいろな表現に出くわすようになります。 “Do you have the time?” もそのうちの一つではないでしょうか。 この表現をしらない方へ …

英単語の覚え方【帰国子女が実践した方法】

単語を覚えるというのは、その言語を習得するうえで基盤となる部分です。 今回は、帰国子女である私が実践した方法を紹介します。 自分にあったやり方を探して実践するのが近道ですので、ぜひいろいろなやり方を試 …

【間違えやすい英語】Ship / Boat / Yacht

日本語でも、船やヨット、ボートと言いますね。 違いを考えたことはありますか? 英語におけるこの違いはどのようなものでしょうか。そんな疑問に答えます。 今回は他の記事で紹介した単語に比べると非常に簡単で …

【間違えやすい英語】ストーブ

今回は、間違えやすい英語として「ストーブ」を紹介します。 みなさん「ストーブ」と聞いて何を想像しますか?実は2つの意味がありますので、紹介したいと思います。 また、そのほかのキッチンに関する英単語も紹 …

英語が話せない人の特徴 ~話せるように意識すべきこと~

英語をうまく話せるようになりたいという人は多いと思いますが、そう簡単に実現できるものではないですよね。 最近、東洋経済オンラインで目にした記事「英語が話せない人がわかってない基本中の基本 ネイティブと …