x

留学

年間の長期留学生は、わずか2000人

投稿日:2019年05月08日 更新日:

留学生の動向ですが、長期留学はかなり珍しい存在のようです。

日本学生支援機構の調査によって明らかになりました。

1カ月未満の短期留学が全体の約6割(6万6876人)を占めるのに対し、1年以上の留学はわずか2%(2022人)にとどまった。

nippon.com (海外留学、初の10万人超 : 6割は1カ月未満)

2017年度の実績ということですが、留学をした大学生10万人のうち、わずか2000人しか1年以上の留学をしていないというこは、かなり驚きました。

6割が1ヶ月未満ということにはもっと驚きました。

就職などを見込んで履歴書をよく見せることができるのは、確かにそうだと思います。

貴重な経験ですが、しかし1年、さらには1ヶ月もいないで何が身につくのかと疑問に思ってしまいました。

スポーツや習い事なども1ヶ月ではなかなか上達しないように、留学においても得られるものが少ないのではないでしょうか。

私の場合、6年間留学をして学士号と修士号を取得し航空の専門知識が身につき初めて英語も身につき、オーストラリアの文化に深い理解を持てるようになりました。

金銭的な問題もあるみたいですが、1年海外でお金をたくさん使うのであれば、他にできることがあるのではないかと思ってしまいます。

この2000人のうち6年間も留学する人は、私のような変わり者かもしれません。

わざわざ奨学金を借りてでもという考えは、今の時代あまり合わないのかもしれません。

長期留学生が少ないのであれば、他と差別化が図れていいような気もしますが企業のニーズに合っていないと就職が難しいのかもしれません。

私が留学を始めた2007年頃はまだガラケーが主の時代で、ホットメールのアカウントだけで日本の家族や友人と連絡するという生活でした。

今はスマホやSNSがありますから、連絡はたくさん取れますし、留学のハードルは低くなっていると思います。

結果的に、それぞれに合った目的で留学ができればいいと思いますが、留学するという手段が目的にならないよう気をつけたいです。

私の経験から留学する上で注意すべきことは、こちらに記載していますので、興味がある方はどうぞ。

-留学
-, ,

執筆者:

関連記事

世界の大学ランキング 留学希望者は確認必須!

これから大学の入試に挑む人や、社会人で大学に通いたいと考えている人など、大学に入る理由は様々です。 そこで今回はTimesの大学ランキングを紹介します。その大学の世界的な立ち位置を理解するのに、参考に …

留学すべきか悩んでいる人へ (私が留学した理由)

留学をしたいがなかなか踏み切れない。子供が留学したいと言っているが、どうすればいいかわからない。そんな方に私が留学を決めた経緯を簡単に紹介したいと思います。参考になれば幸いです。 留学は言語を学ぶ機会 …

【鈍感力】帰国子女が持っている英語力の向上に必須の力

英語を話せるようになりたい!でもなかなか上達しない。 なぜなら・・・ ■英語が話せないことが恥ずかしく、なかなか話したりするのが難しい。 ■自分の英語が間違っていないか自信がなくてなかなか話せない。 …

知らないと恥ずかしい 海外レストランの違い

海外旅行や留学の初期においては、海外のレストランでの違いやマナーが気になりますね。 そこでそんな悩みを解決するため、日本とは違う海外レストランのマナーを紹介します。 こちらのサイト(GetNaviWe …

【間違えやすい英語】press/pushの違い

私の6年の留学経験から、英会話について紹介していきたいと思います。 今回はその初回で、日本人がよく間違えて使っている英単語(pressとpush)に着目してみたいと思います。 皆さんは使い方、間違えて …