x

航空法

気になる、かんぽ生命のCM

投稿日:2019年01月20日 更新日:

最近、かんぽ生命の気になるCMがありました。少し前から放送されている、小型機を修理して大空へ羽ばたく!という内容です。

この爽快なCMですが、航空の観点からいくつ気になる点がありました。このCMを例題に、飛行機を飛ばすのに必要な事項を簡単に、少し真面目に記載してみました。興味のある方はどうぞ。

CMの内容

前述の通りですが、吉田美月喜さんが小型機を修理し、操縦して大空に羽ばたく、なんとも爽快な内容です。その名も「夢のフライト」です。

こちらがそのCMです。

航空の観点から気になる点

主人公

まず、吉田さんです。

このCMから吉田さんは小型機を「修理」して、「操縦」していることがわかります。 CMの雰囲気から、自家用の免許を取って一人で整備し、操縦しているとするのが合うと思いますので、これを前提としてみます。

そうすると、整備士と操縦士の免許が必要になるのは容易に想像できると思います。

簡単に航空法を説明すると、航空業務に従事する者は技能証明を受ける必要があります。「自家用操縦士」と「二等航空整備士」を受けれいれば、この場合大丈夫な気がします。

免許取得には年齢制限があります。自家用操縦士免許は17歳以上、二等運航整備士は19歳以上と法律で定められています。

ちなみにその他、自家用操縦士免許に関連して必要なものとして、航空身体検査(第二種)と航空英語能力証明等があります。健康であるのと、英語が話せることを証明するものです。

吉田さんの公式ホームページによると生年月日は2003年3月10日です。なんと、現時点では年齢制限を満たさないことがわかりました。簡単に前提が崩れてしまいました。免許を持っていないと、法的な面で説明が難しくなるため、CM中の主人公としては年齢制限を満たしているということにしておきましょう。

航空機

次に航空機です。

車と同じように、航空機は登録されている必要があります。映像から機体に記号が書かれているのが確認できます。「JA89BB」です。これは車で言うナンバーに相当するものです。

ちなみに、Googleで調べると日本モーターグライダークラブが所有する飛行機ということがわかりました。

次に耐空検査です。これも車と同じように、航空機にも車検が必要です。吉田さんが整備士として整備をし、その後、国土交通大臣の認定を受けた者によって耐空検査を受ける必要があります。こちらも済んでいるということですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。簡単な記載に留めていますが、何気ないCMからも飛行機を飛ばすのに必要な内容を考えることができました。

整備士と操縦士の資格を取り、大空に羽ばたく爽快なCMです。かんぽ生命がそんな夢を支えますよというメッセージですね。

人生は一度きりです。保険のサポートを受けながらチャレンジしていきたいものです。

-航空法
-, ,

執筆者:

関連記事

帰国子女でも理解できた 日本の航空法の勉強方法

今回は航空法を勉強したいという方に、私が実践した勉強方法をお教えしたいと思います。 私はオーストラリアへ留学し、学士課程と修士課程で航空学や航空管理学を専攻しました。 航空法も科目の一つとなっていたた …

飛行機は故障して飛んでいることがある?

タイトル通りですが、飛行機は「故障」しながら飛んでいることがあります。 そんな航空業界の裏側を紹介します。興味のある方はどうぞ。 飛行機は何万という部品から構成されています。その全てが全く故障なく機能 …

新型コロナウイルスでマスクをしないと搭乗拒否される理由とは?

コロナ禍において、ピーチアビエーションや北海道エアシステムで、マスクを着用していない乗客が臨時着陸で飛行機から降ろされたり出発前に搭乗拒否されたりする事象がありました。 ・「マスク拒否」で相次ぐ旅客機 …

意外と知らないパブリックコメント

皆さんはパブリックコメントをご存知ですか?知らないという方は多いのではないでしょうか。 私は仕事柄、法改正に触れることが多く、今回はパブリックコメント制度について紹介したいと思います。 パブリックコメ …

客室乗務員の負傷がなぜ航空事故として認定されるのか?

報道で「機体が急な揺れに遭遇し客室乗務員が負傷 航空局が事故認定」というような記事を最近みかけることが多くなりました。 先日はANAが事故を起こしました。 ANA機、急な揺れで客室乗務員が負傷 航空事 …